第15話 千秋の弱点同時責め

 

「みんな。千秋のベロと、チクビと、まんこを一気に引っ張ってやろうぜ」

「おう。いいね!いいね!」

男達は次々に千秋の体に群がって来た。

「や、やめてくれぇ!お願いだぁ!!もうゆるしてくれ!!」

まず一人が千秋の右チクビを上方向にひねり上げる

「くひっ!!!」

次に、幼くまだシコリのある左チクビを思い切りつねる

「ひぃ!!!!やめて!!お願いよぉ!!!」

さらに、千秋の口をムリやりこじ開けベロを、引きずり出す

「あひぃぃ〜!!」

その上、ピッタリ閉じた生えかけのオマンコのプックリした両方のお肉をつねり上げられる!

「ひぎっ!ひぎぃ〜!!!!」

「ぎゃはははは!!みろ!千秋の顔!!」

「ひゃはは!泣いてる、泣いてる!!」

「ぎゃははは。ミジメぇ!!」

「鼻水とヨダレでベトベトじゃねぇか!」

「くひっ!くひぃぃ!!!ゆるして!!ゆるひてくらはいぃ!!!」

「ぎゃははは!!聞いたか?許してくれってよ!」

「なさけなぁ!オマエにはプライドがないのかよ!」

「はひっ、はひっ!!カンニン!!カンニンしてぇ!!」

「ぎゃははは!あの強かった千秋が嘘みたいだな!」

メニュー   <<戻る     進む>>