第8話 深台律子ヌードショー 
「ほら。早くぬぎなよ」
「わかってます」
「ふん。すましちゃって。そのうちチンチン見ないでぇ〜とか言って泣き出すくせに」
「ポフィーさん。必ず今日のことを後悔させてあげますよ」
「ノーガキはいいからサッサと脱ぎな」
「......」
「安達ヶ原のアイドルがどんなチンチンしてるか、しっかり見てやるからな」
「...下劣なことを...」
「あ?なんだって?」
「あなたは、最低の人間ですね」
「フルチンになっても、そんなセルフが言えるか楽しみだな!」
「......」
「おら。手が止まってるよ!チャキチャキ脱げよ!」
「わかってます」
「お?かわいいブラしてんじゃん。」
「......」
「オッパイ小さそうだなぁ。ってゆうか、未発達って感じ?」
「黙っていなさい!」
「お前、もう毛生えてんの?」
「.......」
「まあいいや。あとでゆっくり見せてもらうから」
「勝手にしなさい...」
「ハハハ!強がっちゃって」
「つよがってなどいません!」
「そーだ。言い忘れてたけど、ビデオ回ってるからね」
「!!!」
「ハハハ。ビックリしちゃって」
「い、今すぐビデオを止めなさい!」
「やだよぉ〜♪」




メニュー」   「←BACK」   「NEXT→」