9.壮絶!!律子の最期

 

アサコはフォースを受け取ると、水を流しながら優しく律子のクリトリスを洗い始めてやった

「ひっ!!!ひぃぃ!!!」

「冷たいけどガマンしなさいね。」

「ひっ!!くひっ!!じ、直に触らないでぇ!!」

「ダメよ。恥垢が固まってて落ちにくいの。ガマンしなさい。」

「あはぁぁぁ!!!だめ!!あっ!!!し、しごかないでくださいぃ!!!」

「ほら。泣かないで。」

「カンニン!!かんにんん!!!」

アサコの手が触れるたび、律子のチンコはビクンビクンとはねあがった。

「根本が一番汚れてるわね。」

アサコは優しく律子の女性自身の根本をあらってやる。

「あひっ!!あひぃ!!!」

律子のクリトリスはいっそう激しくヒクつきだした。

「律子はここが、一番感じるのね。」

アサコは丹念に律子の根本をあらってやった。

「ふう。綺麗になったわ。」

アサコは剥き出しの長いクリトリスに鼻を近づけ、においを嗅いでやった。

「まだ、少し匂うわね。」

アサコは絹糸を取り出すと、スンミの時と同じように、律子の包皮をしばって、元に戻らない用にしてやった。

「さ。コレで準備は万端ね。」

「ア、アサコさん...お願いです...ク、クリトリスを元に戻してくださいぃ...」

「安心して。いま気持ちよくして上げる。」

アサコは石鹸を手で泡立てて

「気持ちよくして上げる。イキそうになったら遠慮なくイッていいからね。」

「い、いや!!イクのはいやです!!ゆ、許してください!!」

「ん?どうしてイヤなの?いってご覧なさい」

「み、みんなの前で...そ、そんな...」

「ふふふ。恥ずかしいのね。けど、大丈夫。気持ちよくなればそんなの忘れてしまうわ。」

アサコは律子の3センチはあるクリトリスを泡だらけの手で包みこんだ。

「ふふふ。男の子のオチンチン見たいにセンズッて上げるわ。」

アサコの手が、律子のクリトリスをコキ下ろす

「ひぃぃ!!!!」

「情け無い声あがないの!石鹸でセンズれば、匂いも落ちて一石二鳥でしょ?」

アサコは続けざまに律子の剥き出しのクリトリスを扱いやった。

「ほひっ!!ほひっ!!ひっ!!!」

「ほら!そんなミジメ声を上げない!安達ヶ原の生徒会長でしょ!!」

「ひっ!!ひぃ!!!!カンニン!!カンニン!」

アサコは楽しくてしかたがなかった。

あの高慢な律子をオモチャにできるなんて...

それにこの子、私にマンズられて、イキそうになってヒイヒイ言ってる。

ざまぁ無いわ。

それにスンミ。

最強の戦士とか言っても、クリトリスを剥かれて、シゴかれれば、あのざまよ。

ふふふ。まだ泣いてるわ。

14年間剥いたことのないクリトリスじゃ、風邪に晒されるだけでも辛いでしょう。

「どう。律子。私のマンズリは。気持ちいい?」

「くひぃ!!マンズリカンニン!!カンニン!!」

アサコは笑いがこみ上げてきた。

あの高貴な律子が「マンズリカンニン」とか言って、ヒイヒイいってる。

顔だってクシャクシャ。

ブザマだわ。

ギャラリー連中にも大受けね。

さっきっから爆笑の渦だわ。

もう一回、「マンズリカンニン」言わせてみようかしら。

「律子。どう?マンズられてイキそう?」

「ひぃぃ!!!ひぃ!!カンニン!!マンズリカンニン!!カンニン!!お許しぃ!!」

律子のセリフに部屋中大爆笑だ。

「ぎゃははははは!!!お許しぃだってよ!!!」

「見ろよ律子の顔!!豚みたいにクシャクシャだぜ!!」

「それでいて、気持ちよがってんだから、笑っちゃうよな。」

「律子?どう?シコシコされて気持ちいいでしょ?」

「ひっ!ひぃぃ!!!オチンチン、シコシコしないでぇ!!おねがいですぅ!!」

「どう?辛抱たまらないでしょ?」

「ほひぃ〜!!し、しんぼうたまりませぇ〜ん!!!オチンチン、シコシコやめてくだしゃいぃ!!」

「ほら、律子。ガマンしてないで、イッちゃいなさい。」

「いや!!いやよぉ!!見ないで!!律子がイクとこ見ないでぇ!!!」

アサコは、ヌギスタ男子達に、

「律子のチクビをこねくり回して上げてください。」

「OK。」

男2人がかりで、律子のチクビをいじり回す。

「っぎゃははは!チクビすっげぇシコリ立ってるよ。コイツ!」

「馬鹿。こっちのチクビ触って見ろよ!もっとボッキしてるぜ!」

「ほ、ホントだ!!コイツ、左チクビの方が、格段にでけぇ!!」

「ぎゃはははは!!こういえばコイツ、マンコのホクロも左だったな!」

「左に偏ってるってか!」

「ぎゃははははは!!!」

アサコは、両手で律子のチンコを刺激し始めた。

左手はクリトリスの先端をくりくりとイジメ、

右手は根本を優しく、激しくさすってやった。

いよいよフィニッシュさせるようだ。

律子もされに答える用に、激しくあえぎ始めてた。

「ひっ!ひっ!!!ひぃ!!!!」

「律子?イク?いくの?」

「ひっ!だめっ!!ひっ!!イク!!あっ!!み、見ないで!!、見ないで!!」

「さあ。イキなさい。激しくイキなさい!!」

アサコの手が、より早く、律子のチンコをコキ下ろす。

男子2人も、チクビをこねくり回す

律子はもう限界寸前だった。

イキきたくない。

見られたくない!

けど、オマンコは限界だった

「ほひっ!!ほっ!ほひぃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」

情けない断末魔と共に、律子のマンコが激しく、ヒクつきだし、次の瞬間

『びゅ!!』

マン汁が勢い良く放出された

「ひくぅぅぅぅぅぅぅぅ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」

律子は激しく越を突き出し再び、マン汁をほとばしらせる

『ぶぴゅ!!ぶぴゅ!!』

「ほひっ!!カンニン!!!カンニン!!!シコシコお許しぃぃ!!!」

『ぶっ!!』

オナラをひり出す、美少女生徒会長。

ギャラリーはまたしても大爆笑。

「ぎゃははははは!!こいつイクとき必ず屁コクんだな!!」

「それにしても凄いイキっぷり!あの小生意気な律子が嘘のようだな!」

丸裸の律子はガニマタ&万歳で縛られた体を、ビクビクくねらせて、3発目ののマン汁をほとばしらせる。

『びゅ!!!』

「マンズリお許しぃ!!!!」

そしておなら

『ぶっぷっ!!』

そのオナラをきっかけに、律子が求め出す。

「ほっ!!ひぃ!!も、もう一回でそうっ!!シコシコして!!オチンチン、シコシコしてぇ!!」

「あら!この子ったら自分から、求め出したわ!」

「早く!!アサコさん!!早くチンチン、シコシコしてっ!!!」

「律子?どこ?どこが一番いいの?最期はどこでイカしてほしいの??」

「根本!!根本で!!チンコの根本をコキ下ろして!!下ろすの!!上げるんじゃないの!!」

「律子?ここ?ここを擦り下ろすのね?」

「そう!!そこっ!!し、辛抱たまらなぁいぃ!!」

「律子?イク?どう?」

「まだ!もっと下!!もっと根本までシコシコ!!」

「ここ?ここでいいの?」

「いいっ!!凄いのイキそうっ!!!」

「律子?どう?気持ちいい?」

「気持ちいいっ!!!」

「まだ?まだイかないの?」

「イクっ!!出るっ!!お汁出そうっ!!!」

アサコは、いっそう力を込めて、クリトリスの剥き出しの根本をシゴいてやった。

次の瞬間、律子の腰が激しくつき上がり、

「おうっ!!!」

と、低い声で呻くと、最期のお汁を遠くまで飛ばして見せた。

「はぁぁぁぁぁぁ....」

そして、律子は、動かなくなった。

時々からだをヒクつかせるだけだ。

アサコは、律子のクリトリスから手をはなし

「ふふふ。イキ疲れて、気を失ったようね。」

アサコは予想を遙かに上回る律子のイキっぷりに半ばあきれ顔だ。

「あの律子がこれほどの変態だったとわね...」

アサコは、丸裸の律子を担ぎ上げると、

「これで、律子ももう終わりだわ。」

「これからどうするんだい?」

「とりあえず、ポフィー様に報告してから、律子とスンミは安達ヶ原の校庭に丸裸で張り付けにするわ。」

「うん。それがいいだろうね。」

「ご協力ありがとうございました。」

おまけ

 

<<戻る 

メニュー