8.律子イジメ

 

「あ、あぁぁぁぁ....」

「そう怯え無くても大丈夫ですわ。スンミ様のように手荒くは致しませんから」

「さ、触らないで!!ゆ、許しませんよ!!」

「ふふふ。怖がらないでください。優しく剥いて差し上げますわ。」

アサコは、律子のワレメから垂れ下がった、クリの皮を、軽くつまみ上げる。

「あうっ!」

「綺麗なお顔と、ブザマなオマンコのギャップがそそりますわ。」

指先に力を込め、律子の包茎チンコを引っ張り上げる。

やや茶色い律子の恥ずかしい皮が、ワレメから、引きずりだれて頼りなげに震えている。

「あら。こんな所にホクロが。ふふふ。」

「ああぁ...」

「ふふ。ほんとうに、ひどく重傷の包茎ですわね。早く剥いて空気に触れさせて上げましょう。」

「や、やめて!!剥かないで!!」

「ダメですよ。包茎は早いウチに直さないと。ふふふ」

アサコは、律子の恥ずかしい皮を弄びながら、チンチンの出口を探した。

「あら?出口が小さいですわ。これじゃ、剥けないわけですね。」

アサコはスンミの時と同じ用に、綿棒を使って、癒着気味の包皮を少しづつ離していった

「あうっ!!い、いたい!!」

「ふふふ。ナカナカ剥けないわね。少しクリトリスをボッキさせて見ましょう。」

アサコは作戦を変えて、皮の上からクリトリスをシゴキ始めた。

「あら。結構大きなクリトリスね。皮の上からでもハッキリ感触が解るわ」

アサコは、優しく小刻みに律子のクリトリスをシゴいてやった。

「いかがですか?会長。部下にクリトリスをオモチャにされる気分は。」

「あっ!ああっ!!」

律子は万歩計のとき以上の快感に意志とは無関係に腰をヒクつかせてしまう。

「や、やめて!!そ、それ以上シゴかないで!!!アサコさん!!!」

「会長。気持ちいいですか?」

「ち、違います!!あっあぁぁぁ!!!」

「遠慮なくイッていいんですよ。」

律子は半ベソかきながらやめてくれと懇願するが、

「ふふふ。あのいつも凛々しい会長のこんな表情が見れるなんて幸せわ。半ベソかいて、腰をヒクつかせるなんて....」

「ああぁっ!!み、見ないで!!見ないでください!!!」

「会長。スゴイですわ。凄くボッキしてますわよ。」

「ひっ!!!ひぃ!!」

「あらら。そんな情けない声を、お上げにならないでください。部下が聞いたら泣きますよ。」

アサコは完全にボッキしたのを確認すると、再び包皮を剥きにかかった。

「さあ、もう少しで頭が見えて来ますわよ!」

「ひっ!!アサコさん!!もう許して!!許してぇ!!」

「ダメよ。会長は私の手で、クリトリスを剥かれるの。」

「ア、アサコさん!!許して!!痛いの!!とても痛いのぉ!!」

「ふふふ。どこが痛いのですか?詳しく教えてください。」

「あっあっ!!アソコが!!アソコが痛いの!!」

「もっと正確に教えてください。」

「ク、クリトリスよ!!クリトリスがとても痛いの!!」

律子は泣きベソかきながら、必死にクリトリスの痛みをアピールした。

「まったく。14年間も放っておくからですよ。ふふふ」

「アサコさん!!お願い!!許してぇ!!」

アサコは包皮の根本に親指を添えると、グッと力を込めてみた

「くひぃぃっ!!!」

「あら!情けない声!とても安達ヶ原生徒会長の声とは思えませんわ!」

「あっっ!!許してください!!剥かないください!!」

「はい?」

「許してくださいぃ!!律子のクリトリス剥かないでくださいぃ!!!」

「ふふふ。カワイイわ。もう少しで剥けるから、ガマンするのよ。」

アサコは律子のクリトリスを右手でシゴきながら、左手で、時々包皮を下に引きさげ、少しずつクリトリスを剥いていく。

律子はあまりの痛みと恥ずかしさに大粒の涙をぼろぼろこぼして、許しを懇願する。

しかし、それには耳を貸さず、淡々とクリトリスを剥いていく。

「あら!頭が出たわ!!」

その声にギャラリー立ちも、ぐっと身を乗り出し観戦する。

「いよいよ深台律子の全てがさらけ出されるぞ!!」

「見ろ!!クリの頭だ!!安達ヶ原生徒会長のチンコのサキッチョだぞ!!」

「けど、何かずいぶん白っぽいな。」

「ほんとだ!!白いぞ!!」

「白ってゆうか、クリーム色??」

アサコは、そんなギャラリーに答えるように、冷徹に言い放った。

「コレは、恥垢よ。マンカスよ。」

律子はその言葉にビクンとなって、はじける用に反論した

「ち、違うわ!!違うの!!」

しかしアサコは冷たく軽蔑するように。

「マンカスよ。会長が14年間クリトリスにタメ続けていた、マンカスよ。」

「い、いや!!違うの!!!見ないで!!みないでぇ!!!」

「違わないわ。みんな。会長のクリトリスのサキッチョの匂いを嗅いであげて」

男子達は、ワッと律子の股ぐらに鼻を近づけ、くんくん匂いを嗅ぎ始める。

「い、いや!!嗅がないで!!律子のそんな所嗅がないでくださいぃ!!!」

ギャラリーたちは、一斉に顔をしかめる。

「くせぇ!!!」

「信じられねぇ!!安達ヶ原生徒会長の股ぐらスッげーくせー!!」

「いつも、凛と澄ました深台律子が、包茎チンコの中にこんな臭いマンカスため込んでたのか!!」

律子はあまりの羞恥に顔をクシャクシャにしてベソかいている。

「いや!!嗅がないで!!律子の匂い嗅がないで!!!!」

ヌギスタ男子は意に介さず、

「綿棒ですくってみようぜ。本人にでんだけ臭いか嗅がせてやろうぜ!!」

アサコはにっこりわらって

「それは、イイですわね。こんな臭いものを嗅がされた私たちの気持ちを会長にも解っていただきましょう。」

アサコは、クリの先端にこびりついた、ヨーグルト状のマンカスを綿棒に取ると、迷わず、律子の鼻の中に塗りたくってやった。

「さあ。嗅いでご覧なさい。」

律子は、あまりのことに気が遠くなった。

こんな匂いを嗅がれてしまったなんて...

あまりのショックにぼろぼろ涙をこぼす深台律子。

「いかがですか?会長。自分の溜め込んだカスの匂いは。」

「ひっ、ひっ、ひっ!」

律子はあまりの仕打ちに肩を振るわせ泣くばかりだ。

それを見て、アサコは仕方ないと言うように

「スンミ様にも嗅いで頂きましょう。」

「い、いやぁ!!そ、それだけはカンニンしてください!!スンミさんには嗅がせないで!!お願いですぅ!!」

アサコは再び、律子のクリからヨーグルトを掻き出すと、今度はスンミの鼻の中に塗りたくってやった。

「いや!!スンミさん!!嗅がないで!!お願い!!律子の匂いを嗅がないで!!!!」

しかし、その匂いは鼻から息をするとかしないとか言う問題ではなかった。

スンミは無表情を装っていたが、明らかに眉をしかめ、不快感を感じているようだった。

それは、イヤが上にも律子に伝わり、

「いや!!もうカンニンしてください!!!何でも言うこと聞きますから!!あぁぁ...アサコさんおねがい...」

「ふふふ。美しい会長も、こんな匂いを嗅がれてはおしまいですわね」

「あぁ....」

「さて。最期まで剥いて差し上げますわ。」

「ひぃぃ!!!もう!もうカンニンしてくださいぃ!!!」

アサコの手が、律子のマンカスだらけのクリトリスをどんどん剥いていく。

一度剥け始めたクリトリスは思ったよりずっと簡単に剥けていった。

「まぁ...長いクリトリスですわ。まだ、根本が見えませんもの....」

律子のボッキしたチンコは、その包皮に負けず劣らず長いものだった。

アサコの手は秒速0.5ミリぐらいのスピードで、じわじわ律子の包皮を剥いていく。

ギャラリーどもが騒ぎだす。

「なげー!!」

「って言うかクセぇよ!!!」

「だれか換気扇まわせよ!!マンコ臭くてガマンできねぇよ!」

「ったく今まで散々いい女ぶりやがって。マンカス女の分際でよ!!」

アサコの手が止まる。

「剥けたわ!コレが、深台律子のクリトリスの付け根よ。」

ギャラリーがどっとわいた。

「やった!!とうとう根本までみてやったぞ!!」

「見ろよ律子の顔!!鼻水まで垂らして、泣いてやがる!」

あのかっこよかった深台律子が嘘のようだぜ!

「しっかし長ぇクリトリスだな!!」

「おう。3センチぐらいあるんじゃねぇか?」

「あるある!」

「根本見て見ろよ。スッげーマンカス!!」

「14年前のマンカスだな!」

「ぎゃははははは!!!」

「あの綺麗な顔からは想像もできないマンコだよな!」

「よし、マンカスを全部洗い流して、もっと観察してやろうぜ!」

 

<<戻る | 次へ>>

メニュー